今後主流になるゲームとはなにか

Dappsってなに?

今後主流になるゲームはDapps(decentralized applications)日本語に略すと分散型アプリケーション、が主流になってくると思われます。

Dappsとはブロックチェーンを用いたサービス、ゲームなどを提供するアプリの総称です。
Dappsを使って色々なことをすることができます。

1.新しい暗号通貨の発行
存在するブロックチェーンを使って新しく暗号通貨を発行することができます。
例としてethereumでは多少のgas代を支払えば発行枚数、名前、などすべて自由に作れます。

2.分散型取引所(DEX)
一般的に知られている仮想通貨取引所は、中央集権で管理されています。
BitFlyer、Binance、Zaif などこれらすべて中央集権で管理されている取引所です。
それとはまた別に分散型取引所(DEX)が存在します。
0x 、EtherDelta などあります。
聞いたことない人がほとんどだと思われます。
将来的には分散型取引所が主流になると言われています。

3.ゲーム
仮想通貨を少しはやったことがある人なら聞いたことがあると思います。
かなりの人がDapps=ゲームだと勘違いしているみたいですが、ゲームはDappsの一部にすぎません。
DAppsを活用したゲームでは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用することで、個々のアイテムトークンを簡単に取引することが可能です。

なぜDappsが主流になるのか

Dappsが主流になる理由をまとめました。

今までのオンラインゲームではアイテムを集めて自分で使用する、それだけで終わっていたゲームがほとんどだと思います。
MMORPGだとトレード機能があるゲームもあると思いますが、そのゲームむは関係ない別の物と交換したいってときは相手の信用が必要ですよね。
ですが、Dappsの機能を利用してそのアイテムを相手の信用がなくとも取引が簡単にできるようになります。

今までかけてきたお金、時間、情熱すべてがトレードできることによって資産になるわけです。

Dappsゲームは一つじゃない

一つのゲームをずっと遊んでいたら飽きてしまう方が必ずいると思います。
Dappsを利用したゲームはたくさんあります。

その中でも有名なものを紹介します。
1,mycryptoheroes(マイクリプトヒーローズ)

https://www.mycryptoheroes.net

最近のDappsゲームでは一番有名だと思います。
クエストをどんどんクリアしていってアイテムを集めるゲームです。
難易度が高くなるほどレアなアイテムがドロップします。
10万円を超えるアイテムがドロップするクエストがあるので夢がありますね。

2,くりぷ豚(クリプトン)

一番最初に日本で作られたDappsゲームです。
ゲームのルールは簡単で豚を育てて売買する、豚を大会レースにだして競走させる。
と単純なゲームルールとなっています。

単純なゲームルールとなっていますが奥が深いゲームです。
豚が可愛いので売買するのがちょっぴり切ない気持ちになります(笑)

まとめ

今回はDappsのゲームについて紹介しました。
ゲームは紹介しきれないほど存在します。

皆さんがハマルゲームは必ずあります。
それほど種類があります。
そのゲームが飽きた時に資産にあるんですから今後のDappsに期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました